日能研評判の採点システムとは 日能研の評判を徹底検証!Reputation of nitinoukenn

日能研の評判を徹底検証!Reputation of nitinoukenn

▼MENU

日能研評判の採点システムとは

日能研評判の採点システムとは

日能研のテストの採点システムは、他の塾にない画期的なシステムが導入されています。
それが、DI学習支援システム。

この学習システムは、2つのプロセスから成り立っていて、それはDI採点システムGSSになります。

DI採点システムとはシスエムのパイオニアのFUJITSUとタッグを組んで作成されたシステムになります。
FUJITSUとは、30年前から手を組んで、当時は、中学受験学習塾初の成績処理システムを導入し、陰ながら支えてきました。
その歴史と情報を元に、バージョンアップされ2006年にデジタルイメージ技術を取り入れた「DI学習支援システム」が誕生し始動を始めた歴史になります。

このシステムは何か?というと、従来の採点方法は、受験生何万人ものテストの答案用紙を、採点者が1枚1枚チェックし点数をつけていました。
その結果、答案を返却するまでにとても時間がかかり、答案用紙の振り返りをしようとした際、その答えを導いた記憶が薄れてしまって復習がしずらい環境になります。

その、デメリットをこのDI採点システムで解消したのです。

その技術はテスト終了後に、答案用紙をスキャニングすることで、答案用紙を本誌とスキャンデータに分割することが可能になります。
ですから、答案用紙はすぐに受験者へ返却でき、受験者はすぐに復習ができるようになりました。
スキャンデータは、データですから複数人で採点がしやすくなり、テスト結果をすぐに受験者へ知らせる事が出来るようになります。

この回答のデータはインターネット上から閲覧出来ます。
回答結果もデータの為、複数人で閲覧出来やすい為、保護者や友人と情報を共有しやすい環境が出来ます。(GSS)

また、DI採点システムの副メリットとして、採点スタッフが複数人いますので大勢で一斉に採点を行う事で(分割採点)採点者一人の負担も少なくなり集中して採点が可能。
その為、質のの高い採点が出来るようになります。
また、時間を大幅に短縮できるおかげで、更なる質の高い問題や授業に時間を費やす事が可能にもなります。

日能研の採点システム(DI学習支援システム)は、画期的とも言えるもので、先生、生徒の一大行事テストをイノベーションしています。