日能研の評判を徹底検証!Reputation of nitinoukenn

日能研の評判を徹底検証!Reputation of nitinoukenn

▼MENU

トップページ

nitinoukenntop


nitinoukenn分かれ道
小学生向けの進学塾は多く有り、どこの塾が良いいのか?
塾に通う人によって、良し悪しの意見はバラバラ。
どこの塾も一長一短があり利用する人の求めている事、そして塾の方針により感じ方が変わってくるものです。
塾に求める事は合格率?カリキュラム?そとれも子供との相性?日能研の気になる評判を精査し紹介をします。




カリキュラム


日能研のカリキュラム全5ステージから成っています。
nitunoukennステージ
  • ステージⅠ・・・3年生
  • ステージⅡ・・・4年生前期
  • ステージⅢ・・・4年生後期~5年生前期
  • ステージⅣ・・・5年生後期と6年生前期
  • ステージⅤ・・・6年生後期
(その他、6年生になってから、毎週日曜日に開催される特別講座があり中学受験に向け、カリキュラムが綿密に組まれています。)

カリキュラムの特徴は、中学受験を視野に入れた大手塾ならでは知識を集約した問題を繰り返し行いながら基礎硬めをしっかりと行う傾向にあります。
そして授業内容は、早くも遅くもなく標準的なスピードで行われています。
その為、授業に付いていけなく落ちこぼれ生徒が出る事も比較的少ない、守備範囲が広いカリキュラムの塾です。

例えば他の塾では、名門校に照準を合わせたハイペースで学習が進み、優秀な生徒(成績が上位者)は付いていけるけが、その他の普通の生徒は、付いていくことが困難になり、結局転塾や希望校など諦めるといった事態も起こり得ます。

これは、名門校しか視野にない!競争心を煽り立て欲しい!と言った明確な目的がある生徒には、このハイスピードカリキュラムは、とても良いかと思います。

nitinoukenn合格
では、日能研のカリキュラムでは名門校に行けないの?と言う事はなく日能研の生徒の中にも名門校の合格者大勢います。
塾の名門校合格者(率)ランキングでも常に上位にランクインしています。

塾の目指す方針によりますが、どちらがいいかは判断は難しいですが、落ちこぼれが(優等生になれるか)心配、安心し卒塾を求めるなら日能研のカリキュラムは質量スピードは合っていると思います。


テキスト


nitinoukennテキスト
テキストについては、2冊がメインになります。

授業で使用する『本科教室』と自宅で使用する『栄冠への道』で「既製」ではなくすべて自社開発になります。
※ステージⅡ~



『本科教室』
テキストの特徴は、基本問題・発展問題・錬成問題までしっかりと別れていてレベルに応じた学習が可能で判りやすく、説明も充分”すぎる”程と有り判りやすい構成。

『栄冠への道』
栄冠への道の特徴は、本科教室のパートナーテキストになり、本科教室の他『数をこなす』といった使い方が主になります。

双方のテキストとも、しっかりしすぎている分、同じ流れの繰り返しが多くなりがちなので飽きやすい子には向いていないかもしれませんが、順序立てて学びたいという子には向いている事でしょう。

そして、自分で書き込むスペースも充分にあり自分のオリジナルテキストが出来るような工夫があります。


実績


nitinoukenn最大塾
日能研は、関東・関西・九州・東海が一つになった日本最大級の塾になります。
歴史は、1953年4月と古くその分、受験への知識やノウハウが蓄積されているのが日能研の魅力でもあります。
その歴史(蓄積)と最大級の表れが、教室全国に141教室、生徒数も全体で4万人近くという数字になっているのでしょう。

受け入れも間口(優等生だけに絞った入塾では無く)が広い割に、名門校への合格者も多いのも特徴の一つで、親御さんが一番気になるといって良いこの名門好への合格実績も常に上位にいます。

創業は古いですが、昔ながらの古い(悪い)やり方は良い方法へ更新され、例えばテスト採点では、どの塾よりも先駆けてDI採点システム(システム採点やインターネットでの答案が可能)を使用し、スピーディ(2日後)な結果が閲覧できテスト内容を忘れないうちに復習が出来ます。

日能研の実績は、古い蓄積された情報は良い方向へ精査され『質量』のバランス、そしてレベルの高さは、圧倒的な強さ=実績に繋がっていて、申し分ないのではないでしょうか。


トータル的な評価


nitinoukenn総合
総合的にみて、カリキュラムの質量そしてスピードとバランス、テキストは日能研の蓄積されたオリジナル教材、実績は合格者上位にランクインなどを見ると、文句の付けどころがない塾です。

が!肝心の「子供の評判が悪い」メリットよりデメリットの方が大きくなる場合もあると言う事も忘れていけません。
それを踏まえると、私は日能研を利用する際は先に自分の目で「確かめる」事をおすすめします。

実際に最寄りの教室へ確認をしても良いのですが、都合よく見れたり聞けたりとするものではありません。

私のおすすめは、幸いにも各教室ごとに資料(無料)が用意されていますので、まずそれを活用してみる事です。
親御共々じっく見てみて想像してみて、そして、不安を取り除き⇒「確信」してみてはいかがでしょう。
(意外にもこの資料の入手方法がわからない、またそれを見ないで入塾している人も多いのでビックリしました)

私は、日能研について徹底的に調べましたので間違いない塾と確信していますが、最初は入塾を焦らずここスタートがベストかと思います。


無料資料入手方法


1.日能研ホームーページへ移動

日能研ホームページ

2.資料を請求する

日能研資料請求

3.地域を選択する
日能研地域

4.塾校を選択する
日能研塾校

5.メールアドレスを入力する
日能研メールアドレス

6.届いたメールをクリックする
日能研メールクリック

7.必要情報を入力する
日能研必要情報

8.完了




【おすすめ学習サイト】

学研ゼミ:1コインでスマートドリルやワンダードリルを筆頭に幼児向けキッズクラス、そして学研チャンネル、学研ジュニア新聞、学研デジタル百科事典、学研図書ライブラリーのネット教育サービスが利用でき口コミでも評判。

ポピー:月刊ポピー。幼児用のポピっこや小学生のポピーそして中学生ではPOPYと名を変え全家研ポピーとして名を馳せ、通信教育の教材として評判も有り口コミを多数あります。